【鎮守の杜に浮かぶ借景の家】
快晴のもと、基礎耐圧版(床部分)のコンクリート打設を行いました。
バイブレーターを使い、コンクリートが鉄筋の間にもしっかりと流れるように施工します。

前面道路が比較的広いため、工事車両を止めていても、道路を封鎖する必要がありません。
警備員も配置し安全にも心掛けています。

打設したコンクリートが硬化する前に、基礎立上り(壁部分)の下部に止水板を施工します。
写真ではわかりにくいですが、グレーのゴム状のものです。

道路と敷地に高低差があり、一部半地下となっているため、基礎の外周部には防水工事を行いますが
雨水・地下水などの侵入防止に関して、より安全な対策を施しています。

打設後はトンボやコテを使い、コンクリート面を水平に均していきます。
今後は基礎立上り(壁部分)の型枠工事・コンクリート打設工事へと続きます。

お問合せはこちら

BLOG RANKING