【風が抜け借景のある上下分離型二世帯住宅】
屋根下地工事が進行中です。
複雑な骨組(軸組)ながら丁寧に施工されています。


外壁の下地(構造用合板)が未施工の部分からの光は眩しいばかりです。
全開口とはいかないものの、明るい内部空間となる予定です。


屋根の防水工事(ルーフィング)も進んでいます。


高度斜線にあわせた急勾配なので、施工も容易ではありません。


監督・大工さん・板金(屋根)屋さんと屋根外壁仕上の納まりの打合せです。
現場で顔をあわせて打合せすることで、柔軟なアイデアで出てきます。
今回は屋根と外壁を同じ仕上とするため、各箇所の取り合いなど、細かく打合せをしました。
引続き外壁下地工事へと進みます。

お問合せはこちら

BLOG RANKING