ほどよい距離感のある完全分離型二世帯住宅
基礎の配筋工事が完了したので確認を行いました。
瑕疵担保責任保険による検査も行い、大きな問題もなく順調です。
木造の建物でも、基礎は鉄筋コンクリート造です。
鉄筋だけが規則的に並んでいる姿は今しか見る事が出来ません。
見えなくなる部分とはいえ、設計の際に、構造設計者が強度を計算して、鉄筋の径(太さ)や本数、ピッチなどを決めているので、設計通りに施工することがとても重要となります。
次は基礎のコンクリートを打設※します。
※コンクリートを施工することを「打設(だせつ)」または「打つ」といいます。

お問合せはこちら

BLOG RANKING