ほどよい距離感のある完全分離型二世帯住宅
基礎のコンクリートの打設が完了したので確認を行いました。
耐圧版(建物を支える床状のコンクリート)も綺麗に施工されています。
本日は、基礎の立上り部分を打設しました。
アンカーをセットし、天端のレベルを調整し養生をします。
木製の型枠が一般的ですが、今回は鋼製の型枠を使用しています。
そのため、精度の高い(設計の寸法通りの)基礎が施工出来そうです。
次は床下配管工事、土台敷きと続きます。

お問合せはこちら

BLOG RANKING