ほどよい距離感のある完全分離型二世帯住宅
確認検査機関による中間検査を受けました。
今回の検査は、建物の配置の確認と先日の検査(瑕疵担保責任保険による検査)と同様に躯体(柱や梁など)と金物の確認をしてもらいました。
事前に施工者の自主検査、設計監理者(設計事務所)の検査、更に先日の検査と、二重三重の検査をしていることもあり、問題はありませんでした。
近日中に検査済証が発行されます。

お問合せはこちら

BLOG RANKING