ほどよい距離感のある完全分離型二世帯住宅
外部廻り(屋根・外壁・バルコニー防水等)の工事は天候を見ながら進める必要があります。
まだ梅雨明けはしてませんが、今日は天気が良かったので、屋根葺きを行っていました。
屋根は耐侯性のあるガルバリウム鋼板で葺いています。

バルコニーのFRP防水工事も行われていました。
FRPとは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で
ガラス繊維などの強化材で補強したプラスチックのことです。
浴槽などにも使われており、水漏れの心配は(ほぼ)ありません。

屋根工事、防水工事の後は外壁工事です。
設備工事、内部下地工事も同時に進んでいます。

お問合せはこちら

BLOG RANKING