混構造のガレージハウス
現場が始まってから最初の検査です。
現場ではいくつもの検査を受け
工事が設計通りにまた法規に則って施工されているかを
確認しながら進めていきます。

まずは瑕疵担保保険の第1回目の検査です。
地階の基礎の配筋検査を行いました。
地下水や降雨による水をポンプアップしながらの施工ですが
しっかりと設計通りに施工されているため
問題なく合格でした。
地上から約4m下のレベルでの検査でした。
足元は滑りやすい状況でしたが
検査時には雨もやみ、傘なしで検査が出来て良かったです。
引続き、型枠工事へと進みます。

お問合せはこちら

BLOG RANKING