YODAアーキテクツは建築家とインテリアデザイナー夫婦が主宰する東京(杉並)の一級建築士事務所です。

MENU(ここをタップしてください)

Flow

Step01:お問合せ・面談

こちらからお気軽にお問合せ下さい。
・ 直接お会いさせて頂き、建物創りに対するご要望や思い・夢などをお聞きします。
・ 計画予定地が決まっている場合は、土地の資料(測量図等)をお持ち下さい。
・ 土地探しや資金計画等の相談も承ります。

Step02:プレゼンテーション

・ 計画予定地の法規制や周辺の環境などを調査します。
・ 面談時に伺った内容を踏まえて、プランを提案させて頂きます。
・ 簡単な図面や模型等でプレゼンテーションさせて頂きます。(検討・作業にお時間がかかります。)
・ 設計から竣工までの全体的なスケジュールや設計監理料の見積も提示します。

Step03:設計監理契約

・ クライアントと設計者との相性や信頼関係が、建物創りにはとても大切だと考えています。
・ 建物創りのパートナーとして考えて頂けた場合は設計監理契約を結び、具体的な設計を始めます。
・ 基本設計・実施設計・現場監理・施工者選定の助言等を行います。
・ 契約締結時に設計監理料の20%(第1回)をお支払頂きます。

Step04:基本設計

・ 与条件(要望・予算・法規制等)を踏まえ、充分に打合せを行い、設計を進めていきます。
・ 打合せは計画案(平面図・立面図・断面図)と模型(1/50~100程度)を基に行います。
・ 空間構成や動線計画などを決める大事な段階なので、出来るだけ時間をかけたいところです。
・ 内外の仕上や設備機器の仕様、外構計画等の方針も決定していきます。

Step05:実施設計

・ 基本設計を基に、より詳細な設計を行い、実施設計図面を作成していきます。
・ 構造や設備(電気・給排水・空調等)などの詳細な設計も行います。
・ 実施設計で作成した設計図は、見積用の図面として使われます。
・ 実施設計完了時に設計監理料の50%(第2回)をお支払頂きます。

Step06:見積

・ ご要望を盛り込んだ実施設計図を基に、施工者(1~3社)に見積を依頼します。
・ 見積期間中に、施工者から出された質疑に回答することで、設計内容を深く理解してもらいます。
・ 提出された見積書について、仕様や数量違い、見積漏れなどを検証・査定します。
・ 見積金額と予算が合わない場合は、仕様変更や設計変更を行い、予算に合うように調整します。

Step07:確認申請

・ 見積調整により、設計変更がないことを承諾して頂いた時点で、建築確認を申請します。
・ 基本設計の段階から、行政庁にて法規制や条例等の事前協議を行っておきます。
・ 実施設計で作成した設計図の一部は確認申請用の図面となります。
・ 申請先は予算や期間の条件により、役所か民間申請機関かの選択となります。

Step08:工事請負契約

・ 見積金額だけでなく、技術力や信頼性、補償などを考慮し、施工者を決定して頂きます。
・ クライアントと施工者の間で、工事請負契約を締結して頂きます。
・ 工事費の支払が発生します。支払条件は各施工者によりますので、事前に確認して頂きます。
・ 契約の際には、監理者として立会い、契約内容について確認します。

Step09:現場監理

・ 工事が設計通りに、スケジュール通りに進んでいるか、クライアントの目として現場を監理します。
・ 各材料の検査や、行政庁(審査機関)の検査(中間・完了)に監理者として立ち会います。
・ 現場で起こり得る変更に対して、変更内容や増減金額を査定し、施工者と協議・調整を行います。
・ 上棟時(建物躯体完了時)に設計監理料の15%(第3回)をお支払頂きます。

Step10:引渡

・ クライアント検査、監理者検査、施工者検査全てが完了した時点で、お引渡し致します。
・ 引渡後も、施工者と共に定期的に点検を行い、アフターフォローを行います。
・ メンテナンスやリフォームの相談など、末永いお付き合いが出来ればと思っています。
・ 竣工時に設計監理料の15%(第4回)をお支払頂きます。

スマートフォンの場合はタップして発信できます TEL 03-5941-8587

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 株式会社YODAアーキテクツ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.